2015/01/11

さかな祭に突入

去年の夏はアゴが外れそうになるくらい仕事が来ず、店の軒先でハーブでも育ててシノごうかと思案するほどだったのですが、何故かここ一週間位は一気に大きな仕事をいただいて、この先のスケジュールをイメージするだけで目が回ってきます。。。

多分2月はまた激ヒマになると思うんですが。
そうしたらまたレコード出したいです。

この仕事は波があるのは仕方ないので、Tシャツ作製、デザイン、紙モノの印刷、Tシャツ販売、レコード等々色々な入口を用意して、「今月はアッチがダメだったけどコッチに助けられた〜!」という具合になんとか沈没を免れております。

ソウルファクトリーは沈没スレスレで航行していますが、いつも"SMOOTH OPERATE"石垣の不沈艦「第三泊漁丸」のブラジル人船長ジョニーが昨日の夕方フラっと店に現れました。
で、「明日漁協でさかな祭がありますよ!」という情報を♪

さかな祭とは、八重山漁業協同組合が地元の人へのサービスとして漁協を解放し、海人が漁協に卸す値段よりも安く魚を提供してくれるというクソ熱いイベント!

そして日頃スーパーで魚をチェキる時に不満に思っている「島の魚」が買えるチャンス。(スーパーにも少しは売ってますが明らかに種類が少ない。話によると多くは築地や海外に高く売られるらしいです。東京住んでた頃石垣島産の魚なんて出会った事無いけどな、、、)



早い時間に来ないとすぐ無くなっちゃうよと言われてましたが、案の定遅刻。
島のイカは本気で美味いのでイカ狙いだったのですが、昼頃に到着するととっくに完売。
まあ無いだろうなと思っていたのでそれほど落ちることもなく、雰囲気だけでも楽しんで行こうと。
コレはナマコ、ヒトデ、ウニ、エビ、ハリセンボンなどと触れ合えるコーナー。

自分も遊びたかったですが、子供達が盛り上がっていたので遠慮しときました。

立派なゴシキエビがいたんですが、子供達に触られまくって触角が取れてしまってかわいそうでした。


他にも珍しい海の生き物が展示されていたり、海洋保護団体のプレゼンコーナーがあったり。
コチラは養殖ウミガメ。
大きくなったら海に放流するそうです。

コチラは「ミーバイストラックアウト」!!

ミーバイは沖縄三大高級魚の一つ。ハタの一種だったかな?

コレも終了してました。。。

そして写真は撮ってませんが海の幸を食せるコーナーが大変盛り上がってました。

私は昼食でイカ墨そばをチョイス。
COLD GETTIN' DUMB!
言葉にならない位旨いデス!

そんなこんなで小さい島の恒例、やけに知り合いがいて挨拶したりしていると、ジョニーが「一匹だけ魚余ってるんですけど要ります?」との天の声。


コレは「カーエー」という魚らしいです。

この写真だと分かりにくいと思いますが25cm位。2〜3kg位かな。
ズッシリ重みがあります。

私が買った値段は500円。
周りに居た海人の知り合い達曰く結構な高級魚。
末端価格(笑)は3000〜4000円位だろうとの事。

ヒレに毒があるから捌く時気をつけなさいとか、それを防ぐ捌き方とか保存方法とか、皆親切に教えてくれます。

刺身にしてもマース煮(塩煮付け)にしても旨いそうです。

イカ墨そばをススってコイツをゲットして満足して出勤して店でボーっとしていると、今度は私の柔術の師匠(千代田区五番町出身の海人)が店に現れ、「さっきの魚ボクが捌いてあげますよ」と。

店には小さな包丁とまな板があるので、それを使って器用に刺身用の部分と煮付け用の部分に捌いてくれました。

優しい人達に囲まれて幸せです。
ありがとうございます。

さかな祭は毎年あるらしいので来年は早起きしてもっと楽しみます。

これから自宅に持ち帰って、今日は刺身をいただきます。

ではまた。